Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://naoiri.blog96.fc2.com/tb.php/165-7b9fc895
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

10月18日 土曜日 曇り・晴れ

秋の火災予防週間・交通安全週間中です。
十勝管内でも死亡事故が多発していますので、
安全運転・安全歩行に心がけましょう。

昨日ある会合で環境問題の話を聞くことが出来ましたので若干
書き込みます。
講師は北海道大学工学研究科教授 松藤 敏彦氏でした。
「環境にやさしいくらしとリサイクル」と題しての講演です。
大学教授らしく身近な数字を提示しながら、リサイクルの問題点や
消費電力の内訳等現状の課題を聞いて納得出来ることが
多くあり、自分で出来ることもわかりました。
私自身、環境問題についてはここ何年か(頻繁に耳にするようになって
3・4年前かな)の話だと思ってましたが、1972年 国連人間環境会議(ストックホルム会議)
で「環境問題を人類に対する脅威としてとらえた。」そうです。
”かけがえのない地球(ONRY ONE EARTH)”
”宇宙船地球号(SPACESHIP EARTH)”がキーワードでした。
遠い昔に聞いたような気がします。(苦笑)
また、1965年にアメリカ国連大使が
「私たちは全員がともに小さな宇宙船に乗って旅をしている乗客で、
わずかな空気と水に依存している」と演説していたようです。

そして「宇宙船地球号の欠陥」として(1983年 朝日新聞社)
1・酸素供給装置にさまざまな有毒ガスが入り込み、乗客の健康を蝕み、命を奪っている。
2・エネルギーは底をつきそうだ。
3・食料不足は深刻で、飲料水の汚染も進んでいる。
4・ファーストクラスとエコノミークラスの格差も問題だ。
  2等船室は乗客がひしめき、大勢が重い病気にかかり、餓死者もでている。
5・欠陥のほとんどは1等船室のこれまでの贅沢が原因だ。
6・船室と船室の間で、ときどきいざこざが起きる。
  これまで収まっていたが、自爆装置がやたらたくさんついていて、
  誰かがボタンを押すかもしれない。
7・何より差し迫った問題は、乗客がどんどん増えている事だ。

まさに現在の地球そのものと思いますが、どう感じますか?

個人的には35年も前からわかっていたなんてショックを受けた講演会でした。
みなさんも今一度環境問題について考えては・・・
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://naoiri.blog96.fc2.com/tb.php/165-7b9fc895
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

笑顔のために

Author:笑顔のために
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。